大阪で会社設立するときに役立つ情報

大阪では近年起業する人が増えており、新しい事業で成功しようといろいろな人たちがチャレンジしています。
中にはそれまで安定した職業についていた人もいますし、まったく異なる業種に移る人もめずらしくありません
このように新しい起業家が増えることは経済を活性化させる要因になりますので、非常にいい傾向と言えますが、いくら起業する人が増えてもそこで儲けが出なければ意味がありません。
売れない企業がたくさん出てきたとしても経済は活性化しませんし、まずは売り上げを伸ばせるような企業づくりに従事すべきでしょう。
そのためには一番最初の基本的な手続きをきちんとできなければなりませんから、会社設立の流れやどんな専門家がいるのかなどを把握しておく必要があります。
★会社設立の専門家http://www.venture-support.jp/

まず会社設立の流れから説明すると、はじめに会社名や会社の所在地、事業計画、資本金の設定を行い手続きをはじめる前の準備を整えます。
会社名の決め方は基本的に自由で、経営者の名前をそのまま使っても構いませんし、コンセプトやキャッチフレーズを作ってそれを会社名に当てはめる方法もあります。
ただし会社名を決めるときには必ず商号調査を行い、すでに登録されている名前でないかチェックする必要があるので忘れないでください。
会社の所在地の決め方は自分が仕事をする側になってみると分かりやすく、シンプルに言えば仕事のしやすい環境です。
これはアクセスと設備の両面が充実していることだと思いますので、通いやすい場所にあるかどうか、十分なものを提供できる設備が整えられるかを考えて選ぶといいでしょう。

そして事業計画をどんな商材を扱い、どんな売り方をするのかというとても重要な部分になりますので、発起人同士で十分に協議して決めてください。
これらが決まったら資本金の設定を行いますが、現在会社法では資本金の設定は特に設けられておらず、1円あればだれでも起業することは可能です。
しかし現実的に考えて1円で起業してもビジネスを軌道に乗せることは難しいですし、資本金は会社の経費として使えるお金ですからたくさんあるに越したことはありません。
ただ資本金の額によって免除される税金もありますので、そのあたりとの兼ね合いも考えながら決めるといいでしょう。

ここまでの工程が終わったら次は機関設計を決めて定款の作成に入りますが、機関設計とは会社の組織図のことで、代表取締役・取締役・監査役といった役員を決めたりするのもここです。
そして定款にこれまで決めたことを記していきますが、定款は会社の法律を記す書類になるので十分に協議したうえで納得できるものに仕上げなければなりません。

また、定款の作成は紙でやるか電子定款にするかで料金が変わり、紙の定款の場合は収入印紙代40,000円かかるのに対して電子定款は0円です。
ただし電子定款の場合は専用のソフトを導入したり専門的な知識も必要になるため、初めての人だとそれだけ40,000円以上かかってしまう可能性が高いです。
したがって定款を電子定款にするなら、会社設立代行業者や司法書士、行政書士といった書類作成のプロに依頼するのが一般的です。
定款の作成が終わったら公証役場で認証を行い(合同会社・合名会社・合資会社は不要)、資本金の払い込みをしてください。

それが終わったら登記に向けて書類作成をして法務局へ申請手続きにいきます。
登記書類の作成は定款ほど難しくないので、調べながらやれば自分だけでもできると思いますが、なかなか時間が取れなかったり、事業のほうへ集中したいという理由から専門家に任せる人も多いです。

ここで注意してほしいのが登記書類の作成や申請代行は司法書士しかできないという点です。
たとえば税理士と顧問契約しているからすべて手続きを代行してもらえるわけではありませんし、行政書士は書類作成の代行はできますが登記に関しては専門外となります。
また、会社設立代行業者に依頼する場合も必ず登記書類の作成や申請代行が可能なところかチェックしてから依頼してください。
会社設立に関するおすすめサイト:http://www.venture-support.biz/llc/

専門家に依頼する機会も多いと思いますが、その特性をよく把握しておかなければなりません。
税理士は税金に関すること、行政書士は簡単な書類作成や許認可手続き、司法書士はトータル的な書類作成や代行業務、社会保険労務士は社会保険・厚生年金・雇用保険などの保険関連、弁護士はトラブルが起こったときの法律関連を特性にしています。
会社設立代行業者の中にはこういった資格を持つ人たちが所属しているところも多く、近年では利用者数が増加傾向にありますが、中には所属ではなく事務所と提携している場合があります。
この場合、専属ではないため時間がかかるケースもありますので、手続きにどのくらい時間がかかるのかよく調べておいたほうがいいでしょう。

このように会社設立手続きは一連の流れを理解することと、どんな専門家がいるか知ることでスムーズにできます。