会社設立に便利な司法書士

大阪で会社設立を考えている方の中には、手続きを専門家に任せて自分は本業に専念したいと考えている人も多いのではないでしょうか?
そんなときに便利なのが司法書士で、この資格は会社設立手続きをするときにとても役立ちますから、是非覚えておいてください。

まず司法書士ができることは何かと言うと、書類作成と代行業務で、会社設立手続きの中で言えば定款の作成や登記書類の作成、法務局への申請代行があげられます。
定款の作成はご存知の方も多いと思いますが、紙で作成する場合収入印紙代が40,000円かかってしまいます。
しかし電子定款にするだけで40,000円が0円になりますので、電子定款にするほうがお得なのですが、いざ電子定款で作成しようと思うと素人ではなかなか難しいです。

なぜなら専用のソフトを導入しなければならなかったり、作成にあたって専門的な知識が必要になったりと時間もお金もかかってしまうからです。
その結果、本来なら40,000円得するはずだったのにそれ以上のコストがかかってしまったというケースもありますので、電子定款を作成できる環境が整っていなければ素直に司法書士へ依頼したほうがいいのです。
司法書士に依頼する際には必ず料金が40,000円以下になることと電子定款の作成をしているかをチェックしてからにしてください。

次に登記書類の作成と法務局への申請代行ですが、この2つの手続きは司法書士以外の資格ではできません。
税理士や行政書士、弁護士など企業と関わりのある資格はたくさんありますが、いずれの資格も登記に関しては代行することができないので、この手続きを依頼したいなら司法書士以外の選択肢はないのです。

登記書類の作成そのものはそれほど難しいわけではありませんが、必要書類を揃えたりするのも時間がかかりますし、法務局は平日しか営業していないため行ける時間は限られています。
したがってできるだけ本業に専念するなら、ここは司法書士に任せたほうが賢いでしょう。