会社設立に役立つ専門家

大阪にはいろいろな種類の専門家がいますが、その中には会社設立のときに役立つ資格を持っている人もたくさんいます。
会社設立は個人事業主と比べると手続きの量も多くなりますし、実際に個人事業主から会社設立した人に話を聞いてみると思ったより大変だったと答える人が多いです。

個人事業主の場合、税務署へ開業届を出す程度なので特に専門家に頼る必要もありませんが、会社設立になると定款や登記書類の作成、法務局への申請などいろいろな手続きをいなければなりません。
したがって、会社設立時には専門家をうまく活用する経営者が多く、むしろ自分だけですべて手続きをやる人の方が少ないかもしれません。
それでは会社設立時に役立つ専門家にはどんな人がいるのでしょうか?

まず最初にあげられるのが税理士で、この資格は税金関連全般に特化しているため、企業とは切っても切れない関係にあると言えます。
法人化すると様々な税金がかかってきますし、節税対策は必須となり、なおかつ確定申告や年末調整といったこともしなければなりません。
税理士はこれらのことをすべて引き受けてくれますから、とても心強いですし、まずは顧問契約できる税理士を探すことからはじめることをおすすめします。

次に会社設立手続き全般に強いのが司法書士で、この資格は定款の作成から登記書類の作成・申請代行までできるので、トータル的なサポートを受けられるのがメリットです。
特に初めて会社設立する人は知識もそれほどない場合が多いので、司法書士はとても心強いと思います。
★専門家に頼むメリットってどんなこと?

また、ピンポイントで書類作成業務を任せたい場合は行政書士という選択肢もあって、この資格は書類作成と許認可業の手続きに特化しています。
ほかにも法律関連に強い弁護士や、保険関連に強い社会保険労務士などいろいろな資格が企業には役立つので、調べてみるといいでしょう。
専門家をうまく活用することが成功への近道と言ってもいいので、是非積極的に情報収集してほしいと思います。