会社設立代行サービス

大阪には会社設立の代行サービス業者がいくつもあって、新規に起業したいと考えている経営者の役に立っています。
初めて会社設立する人の中には代行サービス業者ってどんなところ?怪しい業者じゃないの?と疑問に思う人もいますので、ここでは代行サービス業者がどんなところなのか紹介したいと思います。

まずはじめに会社設立を専門とする代行サービス業者は文字通り会社設立手続きの代行をしてくれる業者で、税理士や行政書士、司法書士などの専門家が所属しているところも多く、所属していないところでも事務所と提携しているところがほとんどです。
と言うよりそういったところであれば安心できますし、利用して問題ないので、インターネット上から検索して代行サービス業者のホームページや評判をチェックしてみるといいでしょう。

会社設立手続きを代行する場合、たとえば登記書類の作成や法務局への申請代行は司法書士以外はできませんので、司法書士のいない業者ではできません。
したがって場合によっては自分でやることが多くなるところもあるので、その点も合わせて確認してください。
特に初めて会社設立する人はどんな流れで進めて行くのかよく理解できていない人も多いと思いますので、できるだけ分かりやすくスムーズな流れで進められるほうがいいです。
そのためには各専門家が揃ったところがおすすめですし、料金もそれほど高いわけではありません。

会社設立手続きでもっともコストカットできるところと言えば定款の作成で、これは紙から電子定款にするだけで40,000円もコストカットできます。
ある程度知識のある人だと定款の作成だけは専門家に依頼して、それ以外は自分でやるという人も多いみたいです。
代行サービス業者はすべての手続きを代行するだけでなく、ピンポイントでの利用も可能ですし、税理士などに直接依頼すると顧問契約が前提になってしまいますが、そういった煩わしさもありません。