大阪で行政書士を探す

会社設立するときに専門家へ手続きを依頼することがありますが、そのひとつに行政書士という選択肢があります。
よく行政書士は安い料金で手続きができると言われており、人気もありますが、どのような仕事をメインにしているのでしょうか?
大阪には数多くの行政書士がいますし依頼することもあると思いますので、ここでは行政書士について少し詳しく説明していきます。

まずはじめに会社設立するときに行政書士を利用するケースはどんなときかと言うと、書類作成手続きの代行がメインになります。
その最たるものが定款の作成で、定款は紙で作成すると収入印紙代が40,000円かかってしまいますが、電子定款にすると収入印紙代はかかりません。
したがって電子定款を選択する経営者が多いのですが、電子定款で作成するためには専用のソフトが必要だったり作成のための知識がなければいけませんので自分だけでやろうとすると結果的に40,000円以上のコストがかかってしまうおそれがあります。
そんなときに行政書士に依頼すれば安い料金で電子定款を作成してくれるので便利なのです。
また、許認可業をする場合にも行政書士は手続きができるので、建設業、運送業、飲食業をはじめたい人にはおすすめです。

次に行政書士とよく比較されるのが弁護士や司法書士ですが、弁護士との違いは簡単に言えば行政書士は裁判ができなかったり、代理人業務ができない点があげられます。
司法書士との違いは登記書類の作成や法務局での手続き代行ができない点があげられます。

以上の点を踏まえて会社設立の際に行政書士を利用するなら、登記関連以外の書類作成や許認可業の手続きに特化していると言えます。
基本的に一連の流れすべてに関わるわけではないので料金も安く抑えられますし、その点では大きなメリットと言えます。
会社設立代行業者などに依頼すると逆に高くなるようなことも行政書士なら安くなるケースもめずらしくありません。