費用はトータルでいくら?

大阪で会社設立しようと思ったら、費用はトータルでどのくらいかかるでしょうか?
これは会社設立しようとしている人ならほとんどの人が考えることで、大きな問題点でもあります。

はじめに会社設立のための手続きにかかる費用は全国共通ですが、会社の種類によってかかる費用は異なります。
一般的な選択肢は株式会社か合同会社で、まず株式会社の場合、公証人手数料が50,000円、収入印紙代が40,000円、登録免許税が150,000円、その他謄本代や印鑑証明代などを含めるとだいたい240,000円ちょっとかかります。
一方合同会社の場合は定款の認証が必要ないので公証人手数料は0円、収入印紙代が40,000円、登録免許税が60,000円、その他謄本代や印鑑証明代を含めるとだいたい100,000円ちょっとになります。

したがって株式会社と合同会社では手続きにかかる費用だけでおよそ140,000円もの差があります。
また、定款を紙ではなく電子定款で作成すると収入印紙代の40,000円が0円になるので、コストカットできます。
ここまでが必ずかかる手続き費用で、これ以降は業種によっても異なります。

まず必要になるのが資本金で、これは会社の規模や従業員の数にもよりますが、だいたい会社スタート時から3か月分の運営費がなければ難しいと言われています。
ほかにも、店舗や事務所を借りる場合、大阪は比較的賃料が高いのでその点もネックになります。
特に梅田や難波といったアクセスも人も多い知名度のあるエリアは軒並み賃料も高いので、その点も計算に入れておかなければなりませんし、物件探しも時間がかかるかもしれません。

そのほかにも商品を作るためのお金であったり、機械を導入する場合はそこにもお金がかかりますし、会社のデスクやプリンター、パソコン、インターネット回線などもろもろにもお金がかかります。
このように会社設立はいろいろなところにお金がかかるので計画的に進めていきましょう。