会社設立と創立の違い

 

・会社設立って何?
会社設立というのは、簡単に言うと会社が会社として認めてもらうために登記することを言います。
会社というのは登記して、初めて会社として認められるのです。
つまり、「じゃあ今日から会社始める!」と言って始められるわけではないということです。
日本で会社を始めるためには、定款を作成して認証してもらい、その上で事業内容なども明確にし、登記することが必要となってきます。
その登記をすることを、会社設立と言うのです。
近年は会社設立もより簡素化してきていて、簡略化によって手続き・申請も簡単になってきています。
しかし、この会社設立に関する登記は必須であることに変わりないので、注意しましょう。
もちろん、わからないことがあれば、専門家に相談した方が確実です。

 

・創立って何?
設立とは何かというと、こちらは組織や機関を初めて立ち上げることを言います。
つまり、事業などを始めているだけでは、まだまだ組織や機関とは言えません。
そのため、創立と言えば意味合いが違ってくることが多いです。
役員を決めて社員を集め、組織や機関として活動できるようになって初めて、創立という言葉を使えるのではないでしょうか。
この創立という言葉はニュアンスによって違ってくるので、十分に気をつけておくことが必要となります。
他に似ている言葉としては創業というのもあるでしょう。
ただ、創業に関しても意味が違ってくるので、会社設立を行う場合は注意が必要です。
言葉によってそれぞれ違いがあるので、そこは事前に確認しておくことが必須となります。
特に言葉が間違っていると意味合いも違ってくるので、自分が使う言葉の意味は理解しておくと良いかもしれませんね。

 

・状況によって使い分けるべき
人によっては会社設立も創立も創業も一緒だと思っている方がいるでしょう。
しかし、事業を始めるということであれば創業という言葉がしっくりきますし、組織や機関として形成して始めるということであれば創立という言葉がしっくりきます。
このように、会社設立に関連する言葉というのは、それぞれ意味が違います。
そこを理解しておくだけでも、話がスムーズに進むかどうか違ってくるので、しっかりと考えておくことが必要となってくるでしょう。
その他、わからない言葉があるのなら自分で調べてみる他、専門家に相談してみてはいかがでしょうか。
そうすれば、より会社設立に対してもスムーズになるはずです。

会社設立で必要な印鑑証明書

 

会社設立で必ず必要となってくるのが、です。
印鑑というのは色々な方が持っていて、普段何気なく使っているという方も多いでしょう。
会社設立の際にも、この印鑑というのがとても重要となってきます。
そもそも会社設立の場合は、会社や企業で使う印鑑が必要となってくるのです。
それを作って世界に1つだけの印鑑として証明してもらった証拠、それが印鑑証明書となります。
とても噛み砕いて言いましたが、印鑑証明書というのは印鑑が効力を発揮させるために必要となってくる証明書となるのです。
会社設立の際には各種手続きや各種申請で必要となってくるため、印鑑証明書もしっかりと発行しておくことをおすすめします。
おすすめするというよりは、印鑑証明書が無ければ許諾してもらえないということにもなりかねないので十分に注意してください。

ちなみに、印鑑証明書に関しては自分ですぐに用意することも可能です。
ただ、会社設立を行っている場合は、色々とドタバタしてしまうことも多いのではないでしょうか。
普段は簡単にできることでも、作業が増えてしまうとトラブルや問題に発展します。
そのため、これらの準備に関しては専門家に任せてしまうのが安心です。
専門家であれば、この手の書類に関しても準備のサポートを行ってくれます。
もちろん、印鑑証明書のように重要書類となると、本人でなければ取得できません。
ただ、サポートを受けながら行えば失敗することもありませんし、後々ミスが発覚するということもなくて安心です。
意外にも多いのが、会社設立を行ってから色々な点でミスが発覚することです。
そうなると会社や企業としての設立が無効となってしまう場合も「ない」とは言えません。
もちろんそうなる可能性はほとんどありませんが、書類などはしっかりと用意して保管しておくことが必要となります。
印鑑証明書もまたその1つだと言えるでしょう。

まずは専門家に相談してみて、必要となってくる書類に関して教えてもらうことをおすすめします。
専門家であれば、必要な書類についての知識も十分にあるので、安心です。
その他、わからないことがある場合にも、専門家に相談すれば安心できるでしょう。
特に会社設立は手続きや申請でドタバタしてしまうことも多いので、それをサポートしてくれる専門家がいると本当に安心できます。
そこも含めて、まずは色々な方に相談してみてはいかがでしょうか。

会社の設立は何歳から?未成年でも設立できるの?

 

自分には思い描く事業があり、会社を設立させたいけど何歳から設立できるのかと考えている人もいるでしょう。
若い年齢であったとしても、新たに会社を設立させて事業を行ってみたいと自分の腕を試してみたい人もいると思います。
そこで、会社の設立は何歳から設立が可能なのかについて見ていきたいと思います。

・実際には何歳から会社を設立できるの?
最近では、大学生が会社を設立したという話もちらほら耳にすることが多くなりました。
こういった人たちは、「若き成功者」としてメディアで取り上げられることも。
しかし、多くの人は「大学生でも会社を設立できるの?」と思い、実際には何歳から会社を設立できるのかを知りたいと思っている人もいるでしょう。
会社法には「欠格事由」として、会社を運営することが出来ない人を排除しています。
しかし、この欠格事由では未成年を完全に排除しているわけではなく、戸籍謄本や親権者の同意書、印鑑登録証明書を用意出来れば会社を設立できるとしています。
ですが、実際には印鑑登録証明書は15歳以上でなくては取得することが出来ないため、会社を設立できる年齢は15歳以上とされています。

・15歳でも会社の設立は出来るが親権者の同意が必要不可欠!?
上記であげたように15歳であれば会社を設立させることが出来ます。
しかし、印鑑登録証明書や銀行口座などを作れたとしても、会社を設立するときは本店所在地となる場所を設定しなければなりません。
法律上では未成年が単独で賃貸契約を結んだり、物件を購入することが出来ないため親権者の同意が必要不可欠になります。
自分で会社を設立するという場合であっても、未成年ということで自由に会社を設立できるわけではなく、賃貸料が支払えなくなったときなどに親権者が代わりに支払う必要があるため、親権者の同意なしでは会社を設立させることは出来ません。

このように会社を設立する年齢に制限はないようですが、印鑑登録証明書を取得できるのは15歳からです。
これにより、会社の設立は15歳であれば行うことが出来ます。
しかし、15歳はまだ未成年で責任能力、支払い能力もないと考えられてしまうため、親権者の同意がなければ会社を設立させることは出来ません。
どうしても会社を設立したいという場合の条件は、15歳以上であること、親権者の同意が取れていることなどが必要になります。
また、場合によっては親権者の同意書が必要になることもあるので、会社を設立したいというときは自分と親権者2人で手続きをしなければならないこともあります。

会社設立で吉日と呼ばれる日はいつ?

 

ビジネスというものは、ある意味ギャンブルに近い不確定要素も多く、意外に起業家たちが信じるのが、占いや神頼みのような縁起物だったりします。
あまりそういうのは信じないという人もいるかもしれませんが、せめて会社設立の日だけは吉日を選んでおきたいところです。

会社設立にふさわしい吉日とは、一体いつのことをいうのでしょうか?
今回は、会社設立に選ぶべき日どりについて、詳しくお話したいと思います。

そもそも会社設立日に設定されるのは、いつなのでしょうか?
会社設立日は、法務局に登記が完了した日がその日となります。

例えば、8月20日に登記が完了した場合は、その年の8月20日が会社設立日ということになります。
ですから希望する日にちに登記をしに行けば、好きな日を創立記念日にすることはできるわけです。
ただし法務局は土日祝日は営業していませんので、土日祝日を会社設立日に設定するのは事実上不可能ということになります。

ちなみに郵送で書類を送って手続きをした場合は、書類が届いた日が設立日になります。
この届いた日というのは、法務局の人が書類を確認して届出を受理したタイミングになりますので、郵送の場合でも土日祝日を会社設立日にすることは無理だと考えておくと良いでしょう。

ではどの日はおすすめなのでしょうか?
一般的には、大安がよく選ばれる吉日となっています。
この辺りは、結婚式の日取りと同じなのかもしれません。
大安にしたからといって、そのビジネスが軌道に乗りやすくなるわけではないのですが、あくまで縁起物として考えて、多くの経営者が日取りを選びます。

仮に自分が吉日に興味が無くても、取引先の企業に縁起を担ぐ風習がある可能性もあります。
そういうことを考えると、多くの経営者が縁起のいい吉日を選ぶのもあながち理由があるものだなと納得ができます。

他には、末広がりが好まれて8のつく日に会社設立の申請が多くなったり、覚えられやすい日取りや、何か有名な偉人の誕生日にあやかってその日に登記をしたりと色々です。
この辺りは発起人の好みにより、縁起がいいと思われる日が選ばれていきます。

他には、社名なども縁起を担いだり、覚えられやすいものを考えたりと、色々やるべきことがあります。
資本金額を決めたり、事業プランを考えたりするよりも、実は悩んでしまうことが多いので、どうしても決まらない場合は、自分の直感を信じるのが、一番後悔が無いものになるのではないかと思われます。

 

税金の種類

大阪には数多くの企業があって、新しい企業もどんどん増えており、経済は良い方向へ進みつつあると言われていますが、法人化にあたって覚えておかなければならないのが税金についてです。
会社設立するということは個人事業主から法人になるということですから、当然それまでではかからなかった税金もかかるようになりますので、税金にはどんな種類があるのか知っておきましょう。
続きを読む →

安く会社設立したい

大阪で会社設立したいと検討している人の中にはできるだけ安いコストで手続きをしたい人も多いと思います。
大阪は事務所や店舗を借りる場合の賃料も高い部類に入りますし、キタやミナミといった大きなエリアもあるため、ほかの関西圏よりも知名度が高い分お金もかかってしまいます。
そこで削れる部分はできるだけ削っていきたいと考えるのが普通ですし、うまくコストカットができればその分運営費に回せます。
それでは安く会社設立するためのポイントはどんなところにあるのでしょうか?
続きを読む →

会社設立代行サービス

大阪には会社設立の代行サービス業者がいくつもあって、新規に起業したいと考えている経営者の役に立っています。
初めて会社設立する人の中には代行サービス業者ってどんなところ?怪しい業者じゃないの?と疑問に思う人もいますので、ここでは代行サービス業者がどんなところなのか紹介したいと思います。
続きを読む →

会社設立に関する疑問点

大阪には大きなところから小さなところまで、さまざまな規模の企業がありますが、会社設立するときには十分に検討した人がほとんどでしょう。
ここでは、これから会社設立を目指す人の為に、よく聞かれた疑問点を紹介していきますので目を通してみてください。
続きを読む →

会社設立に役立つ専門家

大阪にはいろいろな種類の専門家がいますが、その中には会社設立のときに役立つ資格を持っている人もたくさんいます。
会社設立は個人事業主と比べると手続きの量も多くなりますし、実際に個人事業主から会社設立した人に話を聞いてみると思ったより大変だったと答える人が多いです。
続きを読む →