会社の設立は何歳から?未成年でも設立できるの?

 

自分には思い描く事業があり、会社を設立させたいけど何歳から設立できるのかと考えている人もいるでしょう。
若い年齢であったとしても、新たに会社を設立させて事業を行ってみたいと自分の腕を試してみたい人もいると思います。
そこで、会社の設立は何歳から設立が可能なのかについて見ていきたいと思います。

・実際には何歳から会社を設立できるの?
最近では、大学生が会社を設立したという話もちらほら耳にすることが多くなりました。
こういった人たちは、「若き成功者」としてメディアで取り上げられることも。
しかし、多くの人は「大学生でも会社を設立できるの?」と思い、実際には何歳から会社を設立できるのかを知りたいと思っている人もいるでしょう。
会社法には「欠格事由」として、会社を運営することが出来ない人を排除しています。
しかし、この欠格事由では未成年を完全に排除しているわけではなく、戸籍謄本や親権者の同意書、印鑑登録証明書を用意出来れば会社を設立できるとしています。
ですが、実際には印鑑登録証明書は15歳以上でなくては取得することが出来ないため、会社を設立できる年齢は15歳以上とされています。

・15歳でも会社の設立は出来るが親権者の同意が必要不可欠!?
上記であげたように15歳であれば会社を設立させることが出来ます。
しかし、印鑑登録証明書や銀行口座などを作れたとしても、会社を設立するときは本店所在地となる場所を設定しなければなりません。
法律上では未成年が単独で賃貸契約を結んだり、物件を購入することが出来ないため親権者の同意が必要不可欠になります。
自分で会社を設立するという場合であっても、未成年ということで自由に会社を設立できるわけではなく、賃貸料が支払えなくなったときなどに親権者が代わりに支払う必要があるため、親権者の同意なしでは会社を設立させることは出来ません。

このように会社を設立する年齢に制限はないようですが、印鑑登録証明書を取得できるのは15歳からです。
これにより、会社の設立は15歳であれば行うことが出来ます。
しかし、15歳はまだ未成年で責任能力、支払い能力もないと考えられてしまうため、親権者の同意がなければ会社を設立させることは出来ません。
どうしても会社を設立したいという場合の条件は、15歳以上であること、親権者の同意が取れていることなどが必要になります。
また、場合によっては親権者の同意書が必要になることもあるので、会社を設立したいというときは自分と親権者2人で手続きをしなければならないこともあります。