会社設立と創立の違い

 

・会社設立って何?
会社設立というのは、簡単に言うと会社が会社として認めてもらうために登記することを言います。
会社というのは登記して、初めて会社として認められるのです。
つまり、「じゃあ今日から会社始める!」と言って始められるわけではないということです。
日本で会社を始めるためには、定款を作成して認証してもらい、その上で事業内容なども明確にし、登記することが必要となってきます。
その登記をすることを、会社設立と言うのです。
近年は会社設立もより簡素化してきていて、簡略化によって手続き・申請も簡単になってきています。
しかし、この会社設立に関する登記は必須であることに変わりないので、注意しましょう。
もちろん、わからないことがあれば、専門家に相談した方が確実です。

 

・創立って何?
設立とは何かというと、こちらは組織や機関を初めて立ち上げることを言います。
つまり、事業などを始めているだけでは、まだまだ組織や機関とは言えません。
そのため、創立と言えば意味合いが違ってくることが多いです。
役員を決めて社員を集め、組織や機関として活動できるようになって初めて、創立という言葉を使えるのではないでしょうか。
この創立という言葉はニュアンスによって違ってくるので、十分に気をつけておくことが必要となります。
他に似ている言葉としては創業というのもあるでしょう。
ただ、創業に関しても意味が違ってくるので、会社設立を行う場合は注意が必要です。
言葉によってそれぞれ違いがあるので、そこは事前に確認しておくことが必須となります。
特に言葉が間違っていると意味合いも違ってくるので、自分が使う言葉の意味は理解しておくと良いかもしれませんね。

 

・状況によって使い分けるべき
人によっては会社設立も創立も創業も一緒だと思っている方がいるでしょう。
しかし、事業を始めるということであれば創業という言葉がしっくりきますし、組織や機関として形成して始めるということであれば創立という言葉がしっくりきます。
このように、会社設立に関連する言葉というのは、それぞれ意味が違います。
そこを理解しておくだけでも、話がスムーズに進むかどうか違ってくるので、しっかりと考えておくことが必要となってくるでしょう。
その他、わからない言葉があるのなら自分で調べてみる他、専門家に相談してみてはいかがでしょうか。
そうすれば、より会社設立に対してもスムーズになるはずです。